So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の5件 | -

大道芸ワールドカップで大人気、「青いジャージの女神」加納真実さんが、静岡に舞い降りた?! [大道芸の話]

「和牛」が「霜降り」に負けた・・・!!

決して焼肉店での会話ではありません。
先日のM-1グランプリの結果です。
う~ん。今年こそ、和牛に獲って欲しかったのになぁ・・・。

去年は、魚(とろサーモン)に負け、今年は同じ、肉(霜降り明星)に負けたなんて。
のちのち、お笑いの語り草としては、パーフェクトなのだけど。

さて。
なぜ、あんなにおもしろい和牛が勝てないのか?
私はひとつの説を思いついた。
和牛は、「上手過ぎる」のだ。
「~過ぎる」という表現はキライなので、言い換えると、「隙がない」のではないだろうか?

ネタの発想も、構成も、間合いも、完璧で隙がない。
いわば、ミスユニバースばりの美女を見ているようなもの。
正面からも横顔も、スタイルすらも、すべてにおいて完璧な美女は、見てる分には大変素晴らしいが、ずっと一緒にいると緊張してしまう。
芸能人も、一般社会でも、美女というわけじゃないけれど、ちょっと隙のある可愛い女性の方が、男女問わず人気があったりする。

フィギュアスケートのように、技をきちんと数値化して点数をつける競技じゃなく、「笑い」という、人それぞれ好みの違う不確かなものは、数値化出来ない。
結局は、審査員の好みに委ねられる。

「隙のない、完璧なもの」より、「隙があるけど、おもしろいもの」を、大衆は好むのかもしれない。
だから、あんなにおもしろく完璧なネタを披露する和牛が勝てないのではないだろうか、と。

もちろん、霜降り明星もおもしろかった。ボケに対してのツッコミが、餅つきの合いの手のように、テンポ良く、笑いを誘ってくる。だけど、ネタは多少違えど、2本とも構成は同じ。
勢いが先行しているから目立つけど、何本も同じ構成では見る方も疲れてしまう。彼らがこの先もし、ナイツのように、同じ構成を「独自のスタイル」まで確立出来ればいいのだけれど。
それに対して和牛は、1本目は「ゾンビ」、2本目は「オレオレ詐欺」と、まったく違う発想で、オチまで笑いを維持しながら着地点を見失うことなく、起承転結をきっちりおさえている。テレビで流すには際どいワードも、すんなりとネタの中に織り交ぜて、作品として完成させている。
たらればだけど、もし、もう1本ネタを披露出来たなら、結果は変わっていたかもしれない。

M-1グランプリは、「一番おもしろい漫才」を選ぶ大会なのだから、勢いや新鮮さよりも、発想や構成の完璧さを評価するべきじゃないのかな。
まぁ、「おもしろい」と感じるのも人それぞれ、と言われればそれまでなのだけど。
その点、ダウンタウン松本氏はさすが。3年連続和牛支持だもの。

コントのグランプリは見てないけど、漫才のM-1は、なぜか毎回見てる。
来年もテレビの前から応援してます。
特に、芸達者な川西さんの、表情で語る芸にハマッてます(^^)

と、いうわけで。(何が?)
何の脈絡もないけれど、DOMO記事が掲載されましたのでご紹介します。

『大道芸ワールドカップで大人気、「青いジャージの女神」加納真実さんが、静岡に舞い降りた?!』

http://domonet.jp/plus/post?id=712  ←こちらからどうぞ♪

加納真実さんのパントマイムも、一度観たら絶対、どハマリします。
もう大道芸ワールドカップは終わってるのですが。
毎度、ブログに紹介するのが遅れて申し訳ありません・・・。




2018-12-04 02:00  nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

力を抜けば抜くほど強くなる?! いざという時のために静岡で「護身術」を習ってみませんか? [スポーツの話]

あれだけ暑かった夏が過ぎ去って、もう秋、いやそろそろ冬?

足元が冷える季節になってきましたね。
毎年のことですが、コタツをいつ出そうか、迷ってます。

さて、秋。
食欲の秋ならば、焼き芋、甘栗。いや、モンブラン、栗どら・・・。
食べたいものなら、いくらでも出てくる。
秋の悩みは、スカートのサイズ・・・。

スカートを全部買い換えることを考えると、秋を通り越してお財布の中が凍えてしまうので、もっと高尚な秋を目指そう。
そうすると、読書か、映画か、秋ドラマ・・・。

最近、何気にハマっているドラマは、「深夜のダメ恋図鑑」
深夜のアパートの一室に女子三人が集まって、自分の「ダメな恋バナ」を延々としゃべっているだけというドラマなのだけど、その話の再現ドラマの中で女優が見せる変顔が、たまらなくおもしろい。

最近は、詐欺メイクなど、普通の顔がメイク次第で美女に変わる「奇跡の一枚」もすごいけど、もともと化粧というのは、「化ける」という字が入ってるからね。
化粧して、それなりに変わらなきゃ、化粧品会社は儲からない。

それよりも、かわいい女優が変顔する方が、格段におもしろい。
かわいい子が変顔するという、ギャップがたまらない。
女優も、普通の役ばっかりより、突き抜けたコメディエンヌの方が芝居上手いよね。

しかし、恋愛っていうのは、昔も今も変わらないものなのね。
「恋愛のカタチ」は、もちろん人それぞれ違うだろうけど、「好き」とか「キライ」とか、「許せるワガママ」、「許せない言動」、そういうのって、あんまり変わってない。
ドラマ観ながら、「あるよね~」とか、「そうそう、ムカつくよね~」とか思ってる。「よくぞ言ってくれた!」というセリフもたくさん。
「アイツ、牛肉食う必要あんの?」
「ねーよ。牛の方がよっぽど働いてんだろ」には笑った。

「〇〇だから、好き」よりも、「〇〇だけど、好き」の方が、わかる気がする。
「ロミオとジュリエット」の時代から、そういう気持ちは変わらない。
だから、どれだけ歴史が変わっても、「愛」ってのは不滅なんだな。何か、納得。

さてさて。
最後に、秋と言えば「スポーツ」を忘れてはいけない。
私は、とにかく身体がカタくて、運動嫌いだけど、ちょっと気になるスポーツが出来ました。
でも、これってスポーツと言っていいのかな?

『力を抜けば抜くほど強くなる?! いざという時のために静岡で「護身術」を習ってみませんか?』

http://job.atimes.co.jp/iitoko/post?id=142 ←こちらからどうぞ。

そういえば、初恋は剣道部の人だったっけな・・・。なんて、遥か遠い遠い昔を思い出したりして。
剣道とか、柔道とか、武道って憧れるよね。
胴着を着ると、男前度が、三割り増し。



2018-10-24 00:59  nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

動きと表情だけで表現するセリフのない芝居、「パントマイム」の世界へようこそ [大道芸の話]

この国のトップって一体誰なんだろう?
これだけ台風災害が出ているのに。
関空では、タンカーがえらいことになってるのに。
政府からの災害対策の発表は何もなし。

こんな時こそ、どのテレビチャンネルを回しても、政府関係者が画面に映っているものじゃないんだろうか? 
政府が事態を把握し、自衛隊に協力を要請し、国からの適切な対策を自治体に発表すべき映像が流れているのが当たり前だろうに。
今、日本に何が起こっているか、すべて把握しておくのが首相たる人間のすべきことじゃないの?
何をおいても、まずは国民を、安堵させることが仕事じゃないのかしら。
それとも、東京に被害がなければ、何もしないの?
だから、被災地に視察に行っても「何しにきた」って言われるんじゃないの?
あまりにも対応が遅すぎる。

おそらくは、総理に留まるための画策に奔走しているのだろうけど。
自分の立場や利権だけにこだわって、国民のことを何も考えられない人が国のトップになっていいのかな?
これは、今の世界各国に共通することだけど、視野も、度量も狭すぎる。
自分のことだけしか考えられないんなら、一般人と同じじゃない。
「先生」と敬われる価値がどこにある?

日本の政治って。
総理大臣って。
何で国民の票で決まらないんだろう。
国民投票したら、もっと正当な人が総理になるだろうね。
少なくとも、現総理じゃないだろう。

「未来を憂う」って、こういう時に痛感する。

あんまり政治のことって書きたくないんだけど、あまりにも酷すぎる感があるので。

さて。
愚痴から始まって、掲載記事の紹介をするのもなんなんだけど・・・。

最近思うこと。
「言葉が大事」と、昔から思ってた。
「言わなくてもわかる」というのはウソで、「言わなくちゃ想いは伝わらない」、と。
しかし昨今は、言葉を発することで、失言やウソが横行している。
「言葉が大事」なのは、今も変わらないけれど、「言葉以外でも伝える手段はある」と、思う。

今月、いや、もう先月・・・、厳密に言うと、先々月に掲載されていた「いいとこ静岡」の記事をご紹介します。

『動きと表情だけで表現するセリフのない芝居、「パントマイム」の世界へようこそ』

http://job.atimes.co.jp/iitoko/post?id=135 ←こちらからどうぞ。

「身体の動き」、「目の表情」だけで、何を伝えたいかわかるって、すごいな。
まぁ、でも。
首相は、「言わなくてもわかる」じゃ、困るよね。
災害対策も、中途半端に終わった疑惑釈明も、きちんと言葉や行動で示さなきゃね。



2018-09-04 20:46  nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

所変われば、言葉も変わる?! 静岡に来てビックリ、覚えておきたい「静岡の方言」あれこれ。・・・と、誕生日に思うこと。 [日々思うこと]

本日は、6月10日。

もうあんまり祝う気分でもない、誕生日です。

毎年、誕生日を迎えるたびに思うこと。

「私は、去年より少しでも成長したのだろうか?」

子供の頃は、背が伸びたり、学年が上がったり、何らかの変化を経て、「成長」が感じられるが、今の私は、去年よりも成長したのか、どうにも怪しい。

子供の頃の夢は、いろいろあったと思うけれど、その中のひとつに、「素敵な大人になること」というのがあった。
ものすごく抽象的で、ものすごく叶えるのが難しい夢だ。

まず私は、きちんと「大人」になれたのだろうか?

年だけ取って、全然「大人」じゃない人は巷に溢れている。
私はどうなのだろう?

普段からあまり「人からどう見られているか」を意識せず、自分は自分、と、マイペースで生きてきたツケは、こういうところで回ってくるのかもしれない。
客観的な目が養われていない。(シナリオ書く人間のセリフじゃないね)
自分の姿は、鏡に映したときにしか見られないように、他人は観察出来るけど、自分を観察することは至難の業なのだ。

だからもちろん、自分が「素敵」になれたのか、まるでわからない。

「素敵」というのは、誰もが簡単に、いつでもどこでも使えるトランプのジョーカーのような魔法の言葉だけれど、実は、明確な定義はなく、とても抽象的で、人それぞれの目を通して「感じる」ことなのだ。

私が「素敵」と思ったモノや映画や音楽を、他人は、そう思わないかもしれない。

「大人」の定義も、方程式でキチンと答えが出るようなシロモノではない限り、人それぞれの感性に委ねられる。(他人や社会に迷惑をかけない、という、人として至極当たり前なこと以外で)

つまり、「素敵な大人」になれたのかどうかは、決して届かない「明日」に手を伸ばしているのと同じなのだ。

もちろん、ココロの中は、自分にもわかる。
去年より、少しでもココロが成長していたなら、幼い頃に夢見た「素敵な大人」に近付いているといえる。


私は、去年より、ココロが成長しただろうか?
それを考えながら、今日を一生懸命生きよう。

さて。
今回も「いいとこ静岡」に、新しい記事が掲載されました。

『所変われば言葉も変わる?! 静岡に来てビックリ、覚えておきたい「静岡の方言」あれこれ』

↑ http://job.atimes.co.jp/iitoko/post?id=123 こちらからどうぞ♪

関西から静岡へ越してきて、はや10年以上。
未だ、関西弁が抜けず、ボケツッコミの会話で毎日を過ごす私です・・・。



2018-06-10 07:00  nice!(1)  コメント(3) 

赤ちょうちんの居酒屋で大道芸?! 廿日会祭大道芸2018 [大道芸の話]

季節の移り変わりは早いもので。

この間、「明けましておめでとうございます」と、コタツで年賀状を書いていた気がするのに、桜の季節、新緑の季節があっという間に過ぎ去り、もうあと何日かすると、空のご機嫌斜めな日が続く、梅雨の季節に。

桜の季節を思い出させる、静岡の春の名物「廿日会祭大道芸」の記事が掲載されました。
今回は、いつものDOMOプラスではなく、静岡の良いところを紹介するJOBのウェブマガジン、「いいとこ静岡」で、掲載されています。

『赤ちょうちんの居酒屋で大道芸?! 廿日会祭大道芸2018』

http://job.atimes.co.jp/iitoko/post?id=121  ← こちらからどうぞ♪

過ぎ行く時の、一瞬一瞬を愛おしく思うのは、ちょっぴり寂しく、されど、素敵な時間ですね。




2018-06-05 21:28  nice!(1)  コメント(5) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

前の5件 | -

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]