So-net無料ブログ作成
検索選択
お馬さんの話 ブログトップ
前の10件 | -

人は馬で夢をみる ⑲ 「悔しさ」は、ものすごく爆発的エネルギーを持っている。 [お馬さんの話]

 こんばんは。
 久々にお馬さんのお話。
 そう。競馬です。

 本日、いや、もう昨日か。
 昨日は、東京競馬場で、競馬の祭典「東京優駿(日本ダービー)」の日。

 人には「意外~」と言われるが、猫たぬきは馬好き、競馬好き♪
 ギャンブルしなさそうに見えるのか? そういえば「お酒飲めなさそう」と言われたこともあるな。
 酒も飲むし、博打もする、と。
 借金するほどハマりはしないが、ほどほどに馬券を買う。

 『競馬の祭典』
 あるいは、運命の一日。
 日頃、馬に関わる厩舎の人々と騎手が、この日が終わらなければ、正月が来た気がしないといわれるほど、一年間の集大成。
 祭りというより、東京競馬場は、正に決戦の舞台。

 騎手たるもの、この東京優駿、「ダービージョッキー」の称号に憧れない者はいないと言っても決して過言ではないだろう。
 
 今年の単勝一頭は決めていた。
 馬の名は、「ディープブリランテ」、騎手の名前は、「岩田康誠」、と。

 彼、岩田康誠騎手は、園田の地方競馬の騎手だった。
 2004年に、地方騎手のまま騎乗したデルタブルースで、いきなり菊花賞(牡馬三冠の一冠。他二冠は、ダービーと、皐月賞)のタイトルを獲った男である。

 その後、中央競馬に移籍してからは、とんとん拍子に勝鞍を増やし、2008年にはブラックエンブレムで秋華賞(牝馬三冠の一冠。他二冠は、桜花賞とオークス)を獲り、2009年には、アンライバルドで、皐月賞。2010年には、落馬で怪我をした武豊騎手の代打騎乗、ヴィクトワールピサで、二度目の皐月賞を手にした。
 2011年は、アヴェンチュラで二度目の秋華賞。
 そして、今年。
 春の桜花賞を、ジェンティルドンナで制した。
 このジェンティルドンナで、牝馬三冠(桜花賞、オークス、秋華賞)を狙うが、勝利の女神はとても気まぐれ。
 その後のレースで、斜行による他馬の走行妨害とみなされ、二週間の騎乗停止となってしまうのである。
 折悪しくも、GⅠ戦線の続く週。
 その騎乗停止の間に、牝馬二冠目のオークス(優駿牝馬)がある。

 ジェンティルドンナは、川田騎手に託され、めでたく二冠目のオークスを獲った。
 人生に「もしも…」はないが、このオークスを岩田騎手が獲っていたら、すでに桜花賞、秋華賞のタイトルは獲っているので、牝馬の三冠タイトルを制覇出来たのだ。
 あのまま、何事もなくオークスに騎乗してタイトルを獲っていたら、ジェンティルドンナで、桜花賞、オークス、秋華賞と獲って三冠牝馬の騎手となれたかもしれない。

 しかし、過去は過去。
 騎手にとって一番必要な能力は、「過去を引きずらない」ことである。
 勝っても、負けても、一時間も経たないうちに、違う馬の違うレースがある。
 走る距離も、性格も、クセも、何もかも違う馬に乗るのである。
 「あの時、ああしていれば…」なんて、前のレースの失敗を悔やみながらの騎乗では、次のレースに勝てない。
 野球に「一球入魂」という言葉があるように、人と馬が同じ目標に向かって同じ想いで走らなければ、「人馬一体」になれない。

 岩田騎手は、二週間後のダービーに向けて、騎乗馬のディープブリランテの調教に、情熱のすべてを注ぎ込むことになる。
 
 「悔しさ」というのは、ものすごく爆発的なエネルギーを秘めている。
 人は、「嬉しさが爆発しています」という言葉はあまり使わない。(使う人もいるかもしれないが、あまりその爆発は伝わってこない)「嬉しさ」はもう少し穏やかに、溢れたり、満ちたり、沁みたりするものである。
 しかし、「悔しい」という思いは、火山の奥底に眠るマグマが爆発するように、後から後から湧いてくる。
 どうにもならないものだから、どうにもならないからこそ、そのエネルギーは、行き場のないマグマとなって、爆発するのである。
 で、あるなら、その悔しさというエネルギーをプラスの方向へ向ければ、その爆発的エネルギーが念となって、常人には普段出せない力が宿るのではないだろうか?
 
 2012年、5月27日、午後3時40分、日本ダービーの出走である。
 各馬がゲート内に収まり、係員が離れると同時にゲートが開く。
 年間、7千頭以上のサラブレッドが生産され、その中のたった18頭だけにしか与えられない日本ダービーへの出走権。
 その18頭の中で、たった一頭だけが、輝く「ダービー馬」の称号が与えられるのである。
 競馬ファンにとって、この瞬間を魅了されずにいられようか?(反語で読んでね)

 来る。
 絶対に、ディープブリランテが、岩田騎手が来る。
 なぜだか、今年のダービーは、勝利を信じて疑わなかった。
 こんなに確信を持って競馬観戦するのは、何年ぶりだろう?

 勝利の女神がどんなに気まぐれでも、前髪しかない女神の髪を、掴んで放さないだろう、岩田騎手の勝利への念が見える。

 ゴール前はさすがに息を飲んだ。
 猛追してきた、蛯名騎手のフェノーメノが、ゴール前でディープブリランテを捕らえたか?!
 「青葉賞の勝利馬は、ダービーに勝てない」というジンクスを払拭したのか?!

 決着は、写真判定。
 そして。
 
 掲示板の一着には、ディープブリランテの番号が。
 猛追してきたフェノーメノとは、ハナ差の決着だった。

 岩田騎手は泣いた。
 ディープブリランテの背に乗ったまま、男泣きに泣いた。
 
 男の涙はカッコいい。
 勝負を終えた後の男の涙は、もう、それだけでドラマである。

 東京競馬場。
 西(関西の意味)の騎手、岩田騎手が、東(関東の意味)の蛯名騎手を破って勝利したにも関わらず、場内には温かい「岩田コール」が起こった。

 素晴らしい騎乗。
 素晴らしい瞬間。
 素晴らしい一日。

 この数分のレースのために、一年を費やす厩舎の人たちすべての想い…。

 それを岩田騎手の涙は、語っていた。
 騎乗出来なかった二週間の悔しさは、涙と共に流れ落ちていった。
 悔しさを流しきったあと、ただ嬉しさが、熱い涙となって溢れてきて、ディープブリランテの背を濡らす。
 ディープブリランテは、岩田騎手の想いをわかっているのか、誇らしげに岩田騎手を背に乗せたまま、ゆっくりと地下馬道へと歩いていく…。

 それは確かに、10万人の観客の目の前で、人馬一体が魅せたドラマであった。

 ありがとう。
 ディープブリランテ。
 
 ありがとう。
 岩田康誠騎手。

 2002年の安田記念、アドマイヤコジーン以来、10年ぶりに勝利を確信したレースでした。
 近年稀にみる、見応えあるゴール前決着。
 蛯名騎手の騎乗もお見事で、位置取り、追い出しのタイミング、騎乗馬に向くレース展開、ほとんど完璧なレース内容だった。
 馬の能力に、おそらく差はなかった。
 あれは、悔しさという爆発的なエネルギーが念となって、あの数センチの着差を生んだのではないかと、そう信じて疑わないのは私だけだろうか…?
 
 いやはや。
 もう10年も競馬暦があるのね、私。
 しかし、10年に1度のインスピレーションじゃ、馬券師にはなれないな…。
 


2012-05-28 02:47  nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

人は馬で夢をみる ⑱ ちょっと待て その方法は最良ですか? さよなら、旭川競馬(><)。。。) [お馬さんの話]

 ものすご~く、標語的なタイトルですが(笑) 
 実は半分、旅日記です。皆さまとっくの昔にお忘れでしょうが、北海道旅日記の二回目。
 去年、10月16日をもって閉鎖された「旭川競馬最後の日」について書いておりました。
 なので前半は、何ヶ月下書きに放置してたかわかるな~って感じる文面であります。書き足した後半はちょっと、お馬さんのハナシから離れて社会派的な問題にも触れていますが。(かなり強引に繋げてます)
 本日のお題、「本当に淘汰されなければならないのは?」です。

続きをどうぞ♪


2009-02-04 17:29  nice!(3)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

人は馬で夢を見る ⑰ 嵐の中を行く男。 [お馬さんの話]

 どうも、いらっしゃいまし。
落ち込んだ心に効く、甘いお茶は、いかがでしょうか?

 さてさてさて、今年もやってまいりました。春のGⅠ「高松宮記念」!!
 今年は現地(中京競馬場)まで見に行くつもりでしたが、如何せん、静岡は春の嵐。早朝は大雨洪水警報まで出る始末・・・。あ、アカン・・・。そんな日に競馬場へ行くなんて危険だ。危険すぎる。と、私は思ったのですが、殿にとっては嵐なぞ何のその。
 「嵐やからって、高松宮に行かへん理由の方がわからへん」と、ひとりいそいそと出発の支度をしておりました。「レース中止にでもならない限り、雨が降ろうが槍が降ろうが行く決意は固い」らしい・・・(--)
 そう・・・、殿にとっては、「高松宮記念」こそ、あの三歳馬頂上決戦、「東京優駿日本ダービー」よりも格が上なのである。(あくまでも殿の個人的な見解ですが・・・)
 1200mスプリント戦、短距離の王者を決める「高松宮記念」。
 数日前から鼻がグズグズしているのは、風邪なのか花粉症発症間近なのか? 雨風に加えて体調的にも不安定なワラクシは、当然殿ほど「気合い」はなく、おとなしく白旗を揚げて降参しました。
 ゆえ、お留守番・・・ということで・・・(^^ゞ ←「馬をこよなく愛する究極の根性ナシ」(笑)
 真に「馬をこよなく愛する暴走男」である殿は、いそいそと中京競馬場へ出掛けてお行きになりやんした・・・。「はい、いってらっしゃい♪」 さて、私はもう少し惰眠をむさぼりましょう・・・(--)zzz

続きを読む


2007-03-26 02:04  nice!(2)  コメント(15)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

人は馬で夢を見る ⑯  有馬記念ならぬ「ディープ記念」なのか?! [お馬さんの話]

 どうも、いらっしゃいまし。
まぁまぁ、お茶でもどうぞ。

 さて、今日は何の日? 「お馬さんの日」 はい、ご名答。有馬記念でございますね。
 中央競馬、今年最後のお馬さんの日。今年最後の「夢馬券」の日でございますよ。
 しかし・・・。どうでしょうねぇ・・・。皆さん、ディープ、ディープ騒ぎ過ぎじゃありませんかね。
 確かにね、ディープインパクトはすごい馬です。強い馬です。しかし、「有馬記念で引退」と発表してからこっち、「有馬記念でディープ以外が勝つことは許されない」オーラが出ている気がするんですよね。どのスポーツニュースチャンネル回しても、ディープ・ディープ・ディープ・・・。有馬記念始まる前にすでにお腹いっぱいです。有馬記念には、私の応援するコスモバルクも、天皇賞の覇者・
ダイワメジャーも、三歳二冠の名馬・メイショウサムソンも出るのですぞ。
 と、言うことで、もちろん私の応援馬は「コスモバルク」ですので、本命は「コスモバルク」でいかせてもらいます(--)b

続きを読む


2006-12-24 23:41  nice!(0)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

人は馬で夢を見る ⑮ スプリント?マイル?どっち?! [お馬さんの話]

 どうも、いらっしゃいまし。
寒いですね。熱いお茶をご一緒にいかがですか?

 さて、今日も楽しいお馬さんの日♪
 しかししかし、今日はいつも買いに行っているお茶屋さんの「休日営業日」なので、そろそろ底をついてきた日本茶の補充に行かなくては・・・。何せ、静岡の頑固な老舗お茶屋さんは、「日曜日が定休日」という、非常に商売っ気が薄いお店が多くて・・・。観光客相手のお店で買えばいいのだけど、やはり老舗のお茶屋さんで買うお茶のが断然美味しいので・・・。
 と、いうわけで、今日はビデオセットして、帰ってきてから観戦することにします。

 お茶屋さん到着。
 おお・・・。来年のお年賀用のお茶もいろいろ置いてあり、「亥年のお茶」や「招福茶」など、おめでたいお茶も勢ぞろい。
 試飲に出されるお茶で、ちょっと一服・・・。ふう・・・。やはりお茶の香りを嗅ぎながらお茶を飲むのは格別ですなぁ。(この辺は老舗お茶屋さんと、茶工場がたくさんある)
 私がお茶や、食器を選んでいる間に、殿は車の中で「競馬予想」をしているらしい・・・。
 どうやら馬券だけは買う気なのね・・・。

続きを読む


2006-12-18 02:15  nice!(1)  コメント(19)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

人は馬で夢を見る ⑭ 未来のダービー馬?! [お馬さんの話]

 どうも、いらっしゃいまし。
今日もご一緒にお茶いかがですか?

 さてさて、今日も楽しいお馬さんの日♪ 先週は、未来の牝馬女王を決める二歳牝馬のレースでした。今日は、二歳牡馬の王者を決める、未来のダービー馬候補に名乗りを挙げる最初のレース、「朝日杯フューチュリティステークス」でございます。
 今回も出てますねぇ。愛するアドマイヤコジーンの子供が♪
 もちろん、今回も応援しますよ~ぅ。

続きを読む


2006-12-10 23:54  nice!(0)  コメント(18)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

人は馬で夢を見る ⑬ 二歳女王誕生!! [お馬さんの話]

 どうも、いらっしゃいまし。
まぁま、コタツでご一緒にお茶をどうぞ。

 さて、今日も楽しいお馬さんの日♪ 昨日から阪神に場所を移し、今日のG1は、二歳女王を決める「阪神ジュべナイルフィリーズ」です。名前の意味はわかんないんですがね・・・。
 今年からは、あのサンデーサイレンスの子供がいません。と言っても、孫はいっぱいいますが・・・。その中で、一番人気は、SS産駒じゃない、この馬。アストンマーチャン!! 
 単勝オッズは1.6ですよ。ダントツの一番人気。
 名前がマーチャンて・・・。ふざけてるな~と思う馬ですが、応援しますよ。何てったってこの馬は、あの大好きなアドマイヤコジーンの子供だもの!!
 いや~あの安田記念から、4年・・・。もうアドマイヤコジーンは立派なお父さんなのねぇ・・・。でも、どうして芦毛じゃないんだろう? 馬にも子の毛色に現れる配合の優性劣性があるのかしら?

続きを読む


2006-12-04 05:26  nice!(1)  コメント(22)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

人は馬で夢を見る ⑫ 最強馬の意地。 [お馬さんの話]

 どうも、いらっしゃいまし。
お茶でもご一緒にいかがですか?

 さて、今日も楽しいお馬の日♪ 昨日はジャパンカップダート、何と、久しぶりに後藤浩輝騎手がG1勝利を挙げましたね。昔、私の最初の応援馬、アドマイヤコジーンで2002年に初勝利を挙げた安田記念・・・。号泣する後藤騎手が思い出されます。(←泣き過ぎやっちゅーねん!!)
 武豊騎手は、一番人気の2着!! う~ん・・・。しかし、しかし、今日のジャパンカップで騎乗するのはディープインパクト。これは一番人気は当たり前。勝つのも当然当たり前。・・・と、ほとんどの方が思っていることでしょう。凱旋門賞3着取り消しなど、馬には何の落ち度もないのに着せられた不本意な汚名を晴らすためにも、今日は必ず勝つ気でくることでしょう・・・。そこへ迎え討つのは、ハーツクライ。もちろん勝って欲しいのだけど、ノド鳴り発症もあるし、何より休み明け一発目というのが何とも不安過ぎる・・・。
 しかし何といっても私の応援馬は、コスモバルク!! テレビで予想する人が誰ひとり「勝つ」と言ってくれなくても、コスモバルク!! う~ん、今日もディープインパクトは買えないな・・・。
 デットーリ騎手のウィジャボード。ドリームパスポートも捨てがたい。う~ん、考えておこう・・・。

続きを読む


2006-11-26 23:57  nice!(0)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

人は馬で夢を見る ⑪ さすがの武豊騎手も・・・?! [お馬さんの話]

 どうも、いらっしゃいまし。
今日も一杯やりませんか? ・・・お茶ですよ。

 いや~、今日も楽しい「お馬さんの日」♪
 今日のG1は「マイルチャンピオンシップ」でございます。
 1マイル=1600m。短距離でもなく、長距離でもなく、何とな~く中途半端な距離。お馬さんの走りも、速いでもなく、遅いでもなく、何とな~く良い感じの速さ。スプリントでもなく、ステイヤーでもなく、マイラーのチャンピオンを決めるG1でございます。
 あれだけG1戦線で勝鞍を増やし続ける武豊騎手も、このマイルチャンピオンシップだけは、どうも相性が悪いようで・・・。今回は、ダンスインザムードで勝負する。
 いやいやいや・・・そうはさせじと、「アンカツ」さんこと安藤勝己騎手のダイワメジャーが行く手を阻む。もちろん、私の応援馬は、アンカツさんのダイワメジャー。対抗は、福永騎手騎乗のマルカシェンクか、藤田騎手騎乗のデアリングハートか、いやいや、江田騎手のカンファーベストも魅力だな。それとも、デットーリ騎手騎乗のコートマスターピースか・・・? どうも、デットーリ騎手は、ちょこっと
日本へやってきて、ちゃっかりあっさりG1勝っちゃって、笑顔で帰っていく・・・という印象があるので、外せない。
 う~ん、午前中で考えておこう・・・。

続きを読む


2006-11-19 23:20  nice!(0)  コメント(30)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

人は馬で夢を見る Ⅹ 新女王誕生!! まさか・・・?! [お馬さんの話]

 どうも、いらっしゃいまし。
今日も、おいしいお茶をどうぞ。

 いや~、ものすごい秋空です。昨日の雨がウソのよう。今日の富士山も絶景です。
 さてさて、今日の京都は牝馬の女王決定戦、エリザベス女王杯でございます。
 今日も張り切って、応援していきますよ~。

 今回は3歳牝馬が8頭と、古馬の威力が薄いG1ですが、去年の覇者、スイープトウショウが一番人気・・・なのかな? 次いで無敗でオークス、秋華賞を制したカワカミプリンセス。この2頭の一騎打ちと思われている中、私の応援馬は、ディアデラノビアも気になるところですが・・・。やはりフサイチパンドラとシェルズレイ、懲りずに応援しますよ~。
 3歳無敗で新女王誕生か、古馬の意地で二連覇なるか? それとも大荒れなのか・・・?
 さあさあ、エリザベス女王杯のスタートです!!

続きを読む


2006-11-12 20:15  nice!(0)  コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

前の10件 | - お馬さんの話 ブログトップ

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]