So-net無料ブログ作成
検索選択

想いがひとを走らせる。~鳥谷選手に感動~ [スポーツの話]

 ちょこっとだけ更新・・・。


 昨日のWBCの試合。
 テレビをつけたとき、0-2。
 ふーん、2点ね・・・。
 え? ちょっと、日本負けてんの?!
 相手の台湾とは、試合運びが似てる。
 1点を争う試合となること必至。

 結局は逆転勝ちでめでたしめでたしだったけど。
 確かに、8回土壇場での同点も、9回2アウトから井端選手のタイムリーヒットで再びの同点も、10回の中田選手の犠牲フライでの逆転も、素晴らしかった。
 だけど・・・。
 私の心に一番ヒットしたのは、鳥谷選手の盗塁だった。

 タイミング的には、アウトを取られてもおかしくない危険な走塁。
 ギリギリの判断。
 もしアウトだった場合、もしかしたら、彼にこの試合のすべての責任がのしかかるかも知れない。
 「何やってんだよ~!!」
 「井端が打ったかもしれないのに!!」
 などなど・・・。

 私も含めて、観客の言葉なんて、いつも勝手だ。
 ほとんどは、選手の心の中より、結果しか評価しない。

 あの一瞬。
 あれはベンチのサインか? それとも・・・?

 
 彼は走った。
 少しでも先の塁へと。

 彼の盗塁が、井端選手に見えない念を送った。

 「俺を、あんたのバットでホームへ還してくれ!!」

 勝ちたい気持ちが、彼を走らせた。
 その結果、井端選手が打った。
 
 男ふたりは、言葉もなく、お互いの心を受け取ったのだ。

 スポーツは、シナリオのないドラマだ。・・・と、いつの時代も表現される。
 しかし、映画や舞台やドラマのシナリオだって、もともとは白紙の状態から始まる。
 ある瞬間、突然登場人物が頭の中で動き始め、物語が生まれ、シナリオが出来ていく。
 まず、想いが、心があって、そこからドラマが生まれる。
 そんな一瞬が、必ず、ある。

 「想いがひとを走らせる」

 あの一瞬の決断。
 勝ちたいという強い想い。
 鳥谷選手のあの盗塁が、想いが、「あと一歩」の闘志に火をつけ、昨日のあの逆転ドラマを生んだのではないだろうか?


2013-03-09 09:55  nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

 

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]