So-net無料ブログ作成

月とお散歩 [想い]

 散歩は、真夜中に限る。
 24時間のうちで、一番好きな時間は午前4時。
 真夜中でもなく、朝でもなく。
 漆黒から少しずつ明るい空色に変えていく、空と雲が織り成すオーロラのようなグラデーションが好き。

 しかし、今宵は満月。
 4時まで待っていたら、月は闇に溶けてしまう。
 オレンジ色の月が、漆黒を明るく照らすとき、散歩に出たくなる。
 
 でも、まずは。
 月を肴に、スコッチを一杯。
 氷を入れるロックだと、ウイスキーに「早く飲んで」と急かされているようなのでストレートで。
 大きめのワイングラスにワンショット注いで、とろりとした琥珀色のスコッチの香りと味を、ゆっくりと楽しむ。

 アロマキャンドルとスコッチ。
 オレンジ色の満月。
 極上の時間。
 
 月がオレンジ色に見えるのは、たしか。
 「光が通過するとき、青い光は拡散して、赤い光だけが目に届くため」だからだとか。
 うん。ちょっとした照明のお勉強。

 さて。
 スコッチがワイングラスから胃の中へ収まってしまったら、お散歩の時間。
 アルコールが体中の血とゆっくり混じりあっていくのを感じながら、ひんやりとした空気の中、
真夜中のお散歩。

 月と平行に歩いていくと、月が一緒についてくる。
 月と並んで一緒にお散歩。
 
 肌にしっとりと冷たく感じる空気の中、少し酔ったアタマでいろんなことを考える。
 

 ホントは、満月の一日前が好き。
 まぁるく満たされる前の、ほんの少しだけ欠けた月が好き。

 きっと、それはパズルと一緒。
 完成させてしまえば、一枚の絵。
 最後の1ピースをはめ込む前、それまでがパズルとしての醍醐味なのだ。

 小説は続きが気になるから一気読みするくせに、変なところで気の長い私。

 恋も然り。
 これは恋なのか? 恋じゃないのか?
 そういう微妙なところ、はっきりさせないところ。
 そういうのが、満月の一日前に似てる。

 ほとんど満月なのに。
 ほんの少しだけ欠けた月。

 それは、満月の一日後とはまるで違う。
 同じなようで、同じでない。

 ドキドキ? ワクワク? ソワソワ?

 何ごとも、完成する一歩手前に、ドラマは存在するのかもしれない。




2012-06-04 12:38  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

 

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]